アルストでラーツー

最近ゆるキャン△を知って、キャンプ熱が再燃してきた牛です。

10年ぐらい前に1週間程ソロでキャンプツーリングした事があるのですが、その時の辛かった事、楽しかった事、世界は綺麗だなと思った事…

色んな想い出が蘇って来ました。

タイトルの割にはガチキャンな部分もありますが、全体的にゆるっとした感じでとても面白いです。 散歩大好きだし、公園とかでぼーっと過ごす事とか好きだよーって人は気にいると思います。

場所を変えて

あ、色々ありまして地元に戻る事になりました。これからしばらくは中部や関東ではなく、福岡近辺をうろちょろしますので、見かけた方はそっとしておいてくれると嬉しいです。

アルストでラーツーしようよ!!

てわけで、折角地元に戻って来たので昔によく遊んでくれてたバイク仲間達に連絡をして見ると相変わらずバイクに乗っている模様。早速、会おうよ!と伝えると「アルストでラーツーしようよ!」と、聞いたことない単語が返って来ました。よく分からないけど「するするー」と適当に答えました。

アルストってなんだろうね。ラーツーは多分ラーメンツーリングの略なんだろうけど。

やってきましたアルストラーツー当日。

なんだこれ。こんな小さい物体でお湯が沸かせる!?

詳しく話を聞いてみると、アルコールストーブと言う製品があるらしく、それを自作したとの事。

作るに決まってるじゃないか

さぁ、頑張るぞー!(とりあえず3つ、失敗作が出来ました)

泣かないで、ぶろんぷたん。さぁ、グリスを塗ってあげよう。

今日は今年最強の寒波だそうですね。絶好のゆるポタ日和なのでブロンプトンとゆるーっとポタリングしてました。

ギュッ ギュッ ギシ ピシ

気持ちよく走っていると、何か異音が聞こえます。

購入直後から気にはなっていたのですが、金属が擦れているような、車体がたわんでいるような感じの音です。

とりあえず道端に止めて、音が出そうなところを手当たり次第叩いていきます。

コンコンッ、コンッ!

うん、どこもビビリ音とかしないから駆動系だろう。

その場でクランクを回してディレイラー周りの音を確認します。

うん? 全然異音がしない。

とりあえず走り出してみると、やっぱりギュッギュッとかピキッとなんとも言えない異音がします。

ギアを色々変えてみると、アウター2速付近が一番音が出てる気がします。

が、止まってクランクを回してみても音がしません。そして、走行中にクランクを回すのを止めても異音がします。

んー。てことは荷重かけてる状態かつ路面のギャップを拾う事によって音が出てるわけだよなぁ。サドルか、シートポストの締め付けが甘いのかなぁ。。

サドルを掴んで荷重をかけてみます。が、特に異音はせず。ふーむ。

走りながら、腰をサドルから浮かせてペダルに荷重をかけたり抜いたりしてみます。

ギュッ!ギュッ!

おっ、異音が出てる。この状態でサドルに座ると異音も大きくなった気がする。

てなると、折りたたみなわけだしクランプ周り?

一度折りたたんで、また展開。クランプもちゃんと締め直したはず。

ギュッギュッ。。。

クランプじゃないか…

ん、そういえばブロンプトンってゴム製のサスペンションついてたよな。ここが擦れて音が鳴ってるんじゃないか? 音もゴム同士をこすり合わせた時のような音にも聞こえる。

ブロンプトン サスペンション 異音 っと。

catandrallymaguro.blog12.fc2.com

blog.livedoor.jp

おぉ、まさにそれっぽい! 早速外して見てみよう!

ありがとう、ネジザウルス。

って、これどうやって外すの? ボルトが空回りするんだけど…

色々調べてみると、走行状態にしてサスペンションブロックをロックした状態で止めているナットを回せば簡単に外れるらしい。が、やってみても全然ダメ、どころかロックを止めるプラスチックが舐めてきた。これはあかん。

プライヤーでボルトの頭を挟んでみたりして30分ぐらい悪戦苦闘してもどうしてもダメ。もうお店に持ち込んで外してもらうか…? わざわざそのためにまたお店まで行くのも面倒臭いなぁ…何か強力にボルトの頭を挟めるものがあれば…

アァッ!

www.engineer.jp

そういえば、先日のブロユーザーの友人から「使わなくなったからあげるよー」とネジザウルスを貰ってたんだった!これなら…

顔面を真っ赤にしながらネジザウルスでボルトの頭をしっかり噛み締めて、メガネレンチをゆっくりと回します。ククッといい感じの手応えを感じ、ゆっくりとナットが回り始めました。

舐めさせないように1分ほどかけながら慎重にボルトを外していきます。

外れたー!!! シャオラー!!! ありがとう某友ちゃんー!!!

グリスを塗り直そう

さて、グリスを塗り直すためにボルトを抜いて…ん?

グリス塗られてないやん!! めっちゃツルツルやん!! これか原因は!!!

もう、たっぷりと親の仇のごとく塗りたくってみました。

結果

異音が消えたー!!!!

心地いい駆動系の音しかしない! 今年一番の寒波と言われた日の24時にめっちゃ笑顔で近所を走りまわった牛です。 通報されなくてよかった。


異音は絶対許さない!という方はクリッククリック!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ぶろんぷたん、もとい、ベッカムが来たんやで〜

あーもう!可愛いなぁ!!

今年の年末は実家に帰らなかったのでバイク仲間と我が家で忘年会をしました。

「駅ついたよー」と連絡をもらって駅まで迎えに行くと、そこには友人とキャリーケースのような黒い物体。何を持ってきたんだろう?

「ん?あぁ、自分の家から最寄り駅までの移動がめんどかったからブロ持ってきたんよ」

輪行? 都内をまたいで? そんなに気楽にできるの?」

ロードバイク輪行って結構面倒なんですよね。分解、組み立て、持ち込み、、、となんだかんだで精神も体力も消耗するんです。僕的には、片道50kmぐらいなら輪行するよりも自走した方が良いと思うぐらいに輪行は苦手です。

「自分の家から最寄り駅までの移動がめんどかったからブロ持ってきたんよ」

そ、そんなお気軽な理由で輪行してきたのか。。! 確かにちょっと大きいキャリーケースぐらいのサイズだし、これなら都内を抜けてくる輪行もロードに比べれば全然余裕そうだ…

「何ですか。 自慢ですか! ブロ可愛い!! 世界で一番可愛い!!! あーもう!!!! 」

「…そもそも俺がブロンプトンを買ったのは牛ちゃんが原因だからね?数年前にめちゃくちゃ可愛い自転車があると俺に教えたのは牛ちゃんで。その勧めた本人がいまだにブロを持ってないという理由で嫉妬するのはどうなの…?」

www.akatsukikatoh.com

そうなんです。だいぶ昔に友人(現ロード仲間)達に連れて行ってもらったコミティアというイベントで「牛、こういうの好きじゃね? これ折りたたみ自転車なんだぜ?」と見せてもらったのが、加藤アカツキさんが出していた「少女サイクル」という本。この時は自転車にはそんなに興味がなかったのですが、絵も可愛いし、何よりブロンプトンの折りたたみ機構の面白さにびっくりして、すぐにこの本を買わせてもらいました。 それ以来折りたたみを買うならブロンプトンと心に決めて、布教だけはしまくっていましたのです。

そんなに好きならすぐに買えばいいじゃんと思われる方もいるかと思いますが… この子、少なくとも僕のロードバイクよりお高いのです。ロードバイクを買ったり、ホイールを買ったりして金銭感覚が麻痺している今でもかなり躊躇する価格です。

「とはいえ、もうロードと街乗り用のクロス持ってるしなぁ…買うとしたらクロスを処分? んー…」

あなたの心の隙間を埋めます

「ほらほら、机の下の隙間にだって入るんだよ? もう一台増えたって大丈夫大丈夫。あとさ、牛ちゃん、カメラとか釣りとかキャンプとかやるじゃん? ちょっと、ブロンプトン、釣りでググってみ?」

minivelo-road.jp

ほわぁ… ほわぁ!!!! 何これ、可愛い!! え、クーラーボックスを後ろに積めるの!? 良い!可愛い!!

しかもブロンプトンでキャンプしてる人もいる? うわぁ、めちゃくちゃ楽しそう。

「牛ちゃんの趣味を考えると、ブロンプトンはどの趣味にもお供に出来ると思うよ」

「…買う」

「お?」

「もう、どうでもよくなったから買う。貯蓄崩す」

「ちょ、勧めておいてなんだけど、どうでもよくなったとかいう理由聞くと止めたくなる…」

「ボクノココロハゲンカイデス シゴトツライ ロードバイク ヤマトオイ トカイキライ ブロンプトン ココロノスキマ ウメテクレル」

「…とりあえず、日本酒飲もうよ。鍋もまだ具が残ってるよ?」

「ぷろんぷたん… ベッカム…」

「…(あかん)」

9年越しの想い

(このブログを書くために少女サイクルの写真を撮ってる時に気付いたんですが、今年は2017年。そして僕がブロンプトンを知ったのは2008年という事に驚愕しました)

正月休み明け、「ブロンプトンを買うならここ」と決めていた、和田サイクルさんへやってきました。

加藤アカツキさんもここで買ったからというのもありますけども、数年前に一度遊びに行った時に和田さんに色々と教えてもらえてとても楽しかった事や、前述の友人もここで買ってるという事もあり、ブロンプトンを買うならここで買うと決めていたのです。 特に僕は転勤族なので、次の転勤でまた関東外になる可能性もありますし… 今回が和田サイクルさんでブロンプトンを買える最後のチャンスかもしれない、と自分の背中を蹴りまくりました。

入店後、S2やM3、M6を試乗させてもらいつつ感触を確かめます。 とはいえMハンドル、キャリア付き、色はラグーンブルー/ブラックと決めてから行った事や、ラグーンブルー/ブラックはM6Rが1台だけしか在庫がないという事もありほぼ即決でした。 予算もオーバーでしたが…この後に及んで1万2万をケチるぐらいなら気に入ったものを買わないと後悔しますからね。

あ、友人にLINEしないと。

ふふふ…

僕のブロンプトン、とても可愛いです。これからよろしくね。


てわけで家族が増えました。クリックも増えると嬉しいな。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

謹賀新年

2016年は色々ありました。

2017年も色々ありそうです。

新居の近くのサイクリングロードで富士山が見える事を本日に知りました。

うん、なんだか楽しい1年になりそうな気がします。

私と皆さまにとって良い年になりますように。

ロードバイクがないのでロードバイク動画で心を癒す

先日、無事に誰一人かける事なく淡路島を走りきってきました。

当日は運が良いのか悪いのか、曇り時々雨と走りやすい気温でした。 おかげでせっかくトリプルボトル仕様にしたのに一回も3本目を使う事がありませんでした。 これから涼しくなるでしょうし、しばらくはトリプルボトルが必要になる事もないでしょうね。 来年の淡路島用にお楽しみを取っておきましょう。

ところでタイトルの通り、現在我が家にはロードバイクことTCRくんがいません。 淡路島から友人の車で友人の家まで連れて帰ってきてもらった時、外は大雨だったのでそのまま預けて帰宅したのです。

今週末に引き取りに行く予定ですが、たった数日、家にTCRくんがいないだけで心が荒んできています。

本日は楽しい楽しい祝日のはずなのに、前日22:00就寝、翌夕方起床という怠惰ぶりです。

他にもやる事はいろいろあるっちゃあるんですが、なんかやる気が出ず。 なんか歯も痛くなってきたし、頭痛もしています。

さて、そんな時はロードバイクの動画を見て心を癒されましょう。 数ヶ月前から事あるごとにこれら動画を見てやる気をだしている牛でございます。

(鑑賞中)

(鑑賞中)

…あぁ、ロードバイク乗りたい!!!!!


雨が嫌いなロードバイク乗りの方はポチッとバナーをクリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

トリプルボトルに憧れて

まだ見ぬ淡路島

今度の淡路島ロングライド150に参加予定です。

さて、LINEで淡路島参加経験のあるロード仲間たちが気になる事を呟いていました。

「淡路島は水がない」

そんな馬鹿な。エイドステーションがあるだろう。

「島だけあって、水が潤沢には手に入らないんだ。他のイベントと同じようになみなみとボトルに補給できるとは思うな」

「俺が、水が、尽きた」

どんなコースでも飄々と笑顔で走りきる、ロード仲間1の変態が信じられない発言をします。

あ、そういえば公式からの参加賞届いてたっけ。エイドステーションの情報を確認しよう…

アカン

大量の水と大量のカロリーを補給しながら走るスタイルの僕には、淡路島は最悪の環境かもしれません。

補給食に関してはフロントバッグに詰め込めばどうにかなりますが、水に関してはボトルケージを増やして持ち運べる量を増やしておくしかありません。

水だ!水をもてい!!

MINOURA(ミノウラ) SBH-300 ボトルケージ ホルダー

MINOURA(ミノウラ) SBH-300 ボトルケージ ホルダー

サドルにボトルケージを追加できるアイテムを買いました。

流石に重くなりますが、タイムトライアルでもないし山岳コースでもないので気にしない事にします。

では、試走として2,000アップの山岳コース行ってみようー。

ボトル落ちた

全てのボトルに水を補給して山を登ってると、流石に重いなぁ…と思いつつもどうにか登れます。

さぁ山を登りきった。次はダウンヒルだ。

長いダウンヒルの最中、石畳のように路面が荒れているコースに突入します。

ガガガッ!!!

車体が跳ねる音と共にサドル側のボトルケージから激しく音が聞こえてきます。

「ボトル落ちたりしないかこれ…」

若干心配になりつつも、どうにか荒れている区間を抜けます。

「なーんだ、意外と大丈夫じゃん …っと、また路面が荒れてるな…」

ガンッ! ゴンッ!ゴンッ…

…嫌な音がしたので振り返ると、かなり後ろの方でボトル(お高いサーモスの水筒が…)がアスファルトの上で飛び跳ねる姿が見えます。

路肩にロードを止めてボトルを拾いに行きます。拾うまで後続車両来るなよー…

「あーぁ。。。っ痛!」

路面と激しくぶつかった箇所がめくれて、針みたいに尖っています。 こりゃもう危なくて使えないな…

さよならサーモス…この1年ありがとう…

そんな事を思いつつも、もし後続車両がいたらと思うとぞっとしました。

今回は金属製のボトルケージを使用していたのですが、改めてボトルを刺してガタガタ揺らしたりグイグイ力を込めてみると簡単にケージがたわんでボトルが外せます。これはアカン。

とりあえずサーモスの水筒はシートチューブ側のプラスチックのボトルケージに移動させます。

あぁうん。全然入れにくさが違う… サドル側のボトルケージは固定力の強い奴にしないとダメだ。

まぁ、そもそもサーモスの水筒はロードバイク用の形状じゃないという事もありますが…

その後はなんだかんだと80km程走りましたが、ボトルが落ちるという事はありませんでした。

滑り止めのついてる物や、ボトルケージ用に窪みが付けられているボトルであればある程度は安心して走って良いみたいですね。

ダブルボトルで40kmは耐えられる。

ところで今回、3本目のボトルの水を使う事は皆無でした。

今回の試走は150km高度上昇2000mのコースで、20kmから30km毎にコンビニに寄れるようにASを設定しました。

実際に走ってみて山岳区間が30km続く中でもボトル1.5本程度の消費量でした。 余程の猛暑とかでない限り、ちゃんとASを設定したルートで走る場合にはトリプルボトルは必要なさそうです。

なので、普段はこちらのTTスタイルでしばらく走ろうかと思います。

MINOURA(ミノウラ) SBH-80 ボトルケージ ホルダー

MINOURA(ミノウラ) SBH-80 ボトルケージ ホルダー

TTバイクみたいでカッコイイ。

でもこのスタイルでも少し走るとボトルがずり上がってきました。 ボトルケージの形状上、はまりやすい位置まで上がってきただけだとは思いますが、落ちたりしないか心配です。

サドルの後ろにボトルさしてる方々、このボトルケージならそんな事ないよという情報とかあったら是非教えてください。


同じような悩みを持たれてる方々、バナーをポチッとして一緒に悩みましょう。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

8月の走行ログ

総走行距離370km、1日の最高走行距離170km、獲得高度上昇5,016mでした。

今月学んだ事

  • 事前に走行ルートだけでなく、20km毎に補給ポイントを設定しておく事。20km先には補給できるポイントがあるとわかっているだけで安心して走る事ができた。

  • 標高500mを超える高原地域は、真夏でもウインドブレーカーはあった方が良い。ダウンヒルの時は必須と言っても良い。

今月挑戦した事

  • 1日での高度上昇1,500m以上獲得。それなりにキツかったがどうにか達成できた。

来月挑戦したい事

  • 1日での高度上昇2,000m以上獲得。

まぁ頑張れよと生温かい目で見守ってくれる方、ついでにバナーのクリックをしてくれると喜びます。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村