読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バイオレーサー5000を受けてきました

ロードバイク メンテナンス

ポジションがわからない

ロードに乗り始めて半年強。

できるだけパーツを交換しないで色々とポジション調整をしてみていますが、一つの不満を潰すと別の不満が出てくると言った感じで悩んでいました。

最近自己流で調整した結果「下ハンを握る時が一番ポジションが楽になって力も入れやすくなったけど、ブラケットが遠い」と悩みを抱えるようになりました。友人たちにふと愚痴を漏らすと「ステム短くしろよ」と、まぁ当たり前のコメントをいただきました。

「ブラケットが遠い」という点だけ見ればステムを短くというアドバイスは的確だと思うのですが、単純にステムを短くすると下ハン握った時に窮屈になりそうで、他の不満が出てきそうな予感がたっぷり。いわゆる沼にハマりそうな匂いがプンプン。

基本的にケチな性分なので、「試しに」という理由でお金は使いたくなく…ていうかただでさえロードにお金使いまくってるのに、これで沼にハマってしまったらイベント代どこから整備費用すら出せなくなってしまいます。

そんな感じで「うーん、この半年で自分が楽だと思うポジションはどんどん変わってるし、体幹鍛えれば変わるかもしれないし…」と今のまま頑張る方向でとコメントしていると

「フィッティングサービス受けて何が合うのか調べろ。ポジションはそこからだ」

と、別方向からのアドバイスが。

フィッテイングサービス・ポジション出しは大事だという事は知っている

フィッティングの重要性と効果というものは、以前にクロスバイクをSS化する際に簡易的なフィッティング・ポジション調整をしてもらった結果、劇的に走りやすさが変わったという経験もあり、いつかは受けたいと思っていました。

ただ、高いんですよね。

ちゃんとしたフィッティングサービスは2、3万円かかるのが当たり前と知ると二の足を踏んでいました。

その辺でもウダウダしてると、「Y'sのバイオレーサーってのが千円でできるからそれなら問題ないだろ?」と新情報が。

www.ysroad.co.jp

教えてもらったサイトを見てると1,000円、5,000円、20,000円の3種類のコースがあるようです。

僕としては、ちゃんとしたフィッティングサービスを受ける場合は1万までなら出してもいいと考えていたので、バイオレーサー5000を受けてみることにしました。 どうせならプレミアムもと考えましたがまだ関東でしかできないらしく。悩む必要なく5000に。

さぁ予約をしよう(ビクビク)

いつ予約をするんだ?と言う友人の圧力と、今月はお金使いすぎたし気が向いた時でもいいんじゃない?(今月はホイールと工具買ってます)という悪魔の囁きを断ち切るため、さっさと翌日に予約の電話をしてみます。

予約の電話をする前にバイオレーサーの評判について調べてみたのですが、結構ネガティブなコメントが書いてある体験記も多く、大丈夫なのかなと思いつつも電話をしてみます。もう予約の電話の時点から塩対応される事は覚悟の上です。

ところが、ごく普通に気持ちの良い対応をしていただけて拍子抜け。店舗によって全然対応って違うんだなぁ。

そして予約の際には、車種の確認に始まりペダルや靴の種類、自転車歴やレース志向かどうかなどを聞かれます。

「自転車歴は半年です」「レース出たいです」

と答えた時にはさすがに「この素人がロードレーサーなめんなよ?(ぺっ!)」ぐらい言われるかなと思ったんですけど、そんな事は全くなく、とにかく丁寧な対応をしていただいて、素人なのにフィッティングサービスとか受けていいのかなぁという不安もなくなり、バイオレーサーを受ける事がすごく楽しみになってきました。

雨だし、実車持ち込むのめんどくさいな…

さて、予約日が数日後に近づいてきました。

残念ながら予報を見る限り当日は雨の模様。

僕は車を持ってないし、輪行をするにしても駅からも遠い所に住んでいるので、雨が降っている場合はどう考えてもびしょ濡れで行く事になります。

ネガティブな体験記を書いていたブログを読む限り、実車は不要(持ち込めば有料で調整受けられるよ)程度の扱いのようだったので、実車なしでも問題ないか電話で確認をしてみます。

バイオレーサー5000で実車を持ち込まないのは、受ける意味がほとんどなくなってしまいます。それなら予約を取り直してもらった方が良いです」

マジか。予想外の答えでした。とはいえ、嬉しい誤算。これはなんとしても受けたい。

車出そうか?と提案してくれる友人の申し出を受け、雨が降りそうな場合はありがたく車を出してもらう事にしました。

やってきました。Y's Road名古屋本館

やはり当日は雨が降ったり止んだりの天気だったため友人の車でお店まで。

肋骨折って治療中状態なのに、本当に助かります。(一応車の運転はできる状態にはなっているとは確認済み)

バイオレーサー5000を受ける

まず身体検査を受けます。身長や肩幅、腕のサイズに足のサイズ、股下等図ります。 次に、持ち込んだTCRくんのいろんな箇所を実測。これらをPCに打ち込んでフィッティング用の機械に設定するようです。

設定が終わると実際にまたがってポジションを確認したり、ペダルを回して違和感などが出ないかを確認します。

多分最初は実車と同じ設定がされているんですかね? 違和感も何も実車とあまり変わらんなぁと思いながらもペダル回します。

そう思ってると膝からペダルまでの距離などを図ったり、乗ってる時の不満点とかを聞かれます。

「下ハンだとちょうどいいんですけど、ブラケットが遠いです」

「重心がサドル荷重かハンドル荷重になってしまって、アウタートップとかの重いギアじゃないとペダルに力が伝わらない感じがしてます」

「あと、アウターを使うと膝痛くなります」

それぞれ、そこはここの数値がこうで身体にあってないからですねと教えてもらいます。

「じゃぁサドルとハンドル動かしますからねー」とポジションが変更されました。

何これ。一気に感覚が変わった。羽が生えたみたい。

というのは大げさですが、ネガティブに感じていた部分が綺麗に解消されています。

聞いた変更点としてはサドルは中心から高く遠く、ハンドルも中心から低く遠くなり、サドルからハンドルまでの距離も落差もそれぞれ5,6cmほど増えました。

ブラケットが遠いのが不満点だったはずなのに、推奨値としてはより遠く、より低くなりました。なのに、近くなりました。

重心も真ん中で安定してるし、ブラケットも下ハンもものすごく楽に手が届くようになりました。

膝が痛くなる所はさすがにこの短時間では効果はわかりませんが、ハイケイデンスでガチ踏みしてもあまり膝の違和感はでなくなったので期待できます。

TCRくんへ落とし込み

今回の推奨値を実車に適用するには、ステム交換が必要となりました。 今のステムは100mmに対して130mmが推奨ですと。

で、ステム交換するためにはワイヤー類も全とっかえが必要になってしまい、工賃だけで1万越え。 ちょっと予算オーバーでしたので今回は、パーツ交換なしでの調整(¥1,000)だけお願いしました。

さて、お店を出て、少し周りを走ります。

うん、違う。全然違う。まじでいい。

ステムは短いままではありますが、とにかく重心をしっかりと真ん中に置きやすくなったおかげでポジションとるのが楽だし、ペダルへの力の伝わり方も調整前より手応えを感じるようになりました。

フィッティングサービスに¥6,000(調整込)を払うのは高いか?

満足です。¥6,000ぐらい安いもんだと思いました。

サービスを受ける前の不満点は以下でした。

  • ブラケットが遠い
  • アウタートップ近くのギアにしないと、ペダルに力が伝わってない感じがする(ハンドルもしくはサドル荷重になる)
  • アウターで走ると膝がすぐ痛くなる

翌日にヒルクライム練習(距離40km、獲得標高1,000m)がてら試走してみた感じ、ネガティブに思っていた部分がしっかり消えていたので僕としては大満足の結果となりました。

ただし、下ハン握って加速体制に入ると窮屈に感じたので、早い所ステムを130mmに交換したいです。このあたりも数値としてわかるのが嬉しいですね。次に何を変えるべきかが明確になります

バイオレーサー5000、オススメです。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村