読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iPhoneを高級ポメラに。


Apple Wireless Keyboradを購入しました。通称Apple HHKと言われる位に人気のあるキーボードで前々から欲しかったキーボードです。とは言え、自宅と職場にはHHK Proをそれぞれ備え付けているので特に今までは必要有りませんでした。

今回このキーボードを購入したのはMacBookを持って行くほどじゃないけどメモはPCで取りたいと思う場面でiPadを利用すれば便利じゃないかと考えた、のですがそのために新しくiPadを購入するのは予算の関係で断念。その時に相談していた友人が「メモのしやすさはiPhoneと変わらない」と言っていたのを思い出して、iPod化した3GSと4Sの二台持ちをしている僕はApple Wireless Keyboardを1枚購入してどちらのiPhoneでも使用出来るようにしておけば物凄く便利なのではないだろうかと考えた次第です。
出先でも作業が出来るように3GSと4SはBluetoothでデータのやり取りを行えるアプリを入れておき、基本的に文章を書く時は3GSで作業してネットが必要な時は4Sにデータを移して作業をする。か、完璧じゃないか。。。Bluetoothを使用する事によるバッテリーの心配も基本的に3GSの方を使用すれば電話(4S)が使用出来なくて困るという事もないですし。気になるバッテリーの消費量ですが現在30分ほど使い続けて5%程の消費です(AirPlaneモード、Wi-Fi ON、Bluetooth ON)。これなら十分に実用出来そうです。

この記事はiPhone + Apple Wireless Keyboardで作成しています。現状の不満点としてはただ一つ、予測変換です。入力文字数を減らすためという意味では素晴らしい働きをしてくれるのですが、キーボードで全部入力する場合は正直「邪魔」です。まぁこの辺は使い込んでいけば覚えてくれるでしょう。外部キーボードを認識した時は予測変換OFFとかの機能が付くと本当にノートPC必要なくなるかもしれません。


そうそう、iPhoneのスタンドには以前に購入したCAZE - ThinEdge frame case for iPhone 4/4S Bumperに付属されていたカード型のスタンドを使用しています。通常のクレジットカードと同じサイズのため財布にそのまま入れられるので非常に便利です。


サイズは通常のカードと同じです。


折り曲げて組み立てるとこんな感じ。


後ろはこんな感じ。縦に置くとバランス悪いので基本的に横置きです。外部キーボードを接続すると画面上のキーボードは表示されなくなる(表示する事も可能)ため、横置きで十分使用できます。


前はこんな感じ。ちゃんと曲げればしっかり引っ掛かります。


財布より薄いおかげでスリムなビジネスバッグでも全く問題なし。

という感じで、近々参加する勉強会にはこのスタイルで行ってみようと思ってます。 いやー、荷物が減って嬉しい!