読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

身の回りの物を使ってiPhone執筆環境を作成する

色々試してみたのですが、机があるという状況ではサイフとキーボードでiPhoneを挟むというスタイルが一番手軽で確実という結論になりました。
財布なら持ってくるのを忘れるという事もないし、荷物が増えるという事もないですし。しかし、ここまで便利になるとカフェでコーヒーでも飲みながらちまちまと執筆作業をしてみたい気もしますね。まぁ、執筆と言っても色々と考えついたアイデアをメモるとかそんなレベルですが。
また、ちょっと首が痛くなりますが机のない場所を想定した場合は太ももの上にお腹側にiPhone、膝側にキーボードというスタイルでもフリックでチマチマやるよりは快適な環境になります。膝側にiPhoneをおけば多少は首がマシになるんですが、床に落とす可能性が極端に上がるので止めた方がよろしいかと思います。